富山の女性の暮らしを繋ぐフリーマガジン「Lien(リアン)」

竹田恒泰のつねづねなるままに

「日本の未来は本当に大丈夫なのか?」。誰もがきっと一度は抱いたことのある疑念。政治、教育、子育てなどあらゆる分野に根付く問題に「いつ気が付くのか」ということがとても大切。そんな「気付き」を与えてくれるのが、明治天皇の玄孫としてTV番組などでお馴染みの作家、竹田恒泰先生。あなた自身のために、子どもたちのために「良い気付き」がありますように。

竹田 恒泰(たけだ つねやす)

作家。昭和50年(1975年)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。平成18年(2006年)『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞。『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』『現代語古事記』など多数の著書を上梓している。また、全国17ヶ所で開催している「竹田研究会」を含め、年間200本以上の講演を行っている。

竹田恒泰公式サイト『竹の間』
http://www.takenoma.com/

竹田研究会とは

竹田恒泰先生の講義を通して「日本を楽しく学ぶ」勉強会です。これまで、国史・日本神話・憲法をはじめ、時事問題や日本の伝統、皇室にかかわる数多くの講義を提供してきました。竹田恒泰先生の講義はわかりやすいだけでなく愉快で教室はいつも笑いが絶えません。

竹田研究会
http://www.takedaken.org/

北朝鮮の核から日本をどう守るか

昨年、北朝鮮は二度の核実験を実施した。核実験を五回もやれば実戦配備が可能になるとも言われていることからすると、北朝鮮の核兵器の実戦配備も時間の問題と見なければならない。しかも昨年、北朝鮮は二十発以上の弾道ミサイルを発射している。金正恩体制に...

トランプ大統領のアメリカとどう付き合うか

「世紀の嫌われ者対決」といわれたアメリカ大統領選挙も、ついにドナルド・トランプ候補が戦いを制した。「あり得ない」と言われ続けながら勝ち進むトランプ氏に、不思議な風が吹き続けたことで、その「あり得ない」が現実のものになった。民主主義の正規の手...

天皇陛下の御言葉をどう受け止めたらいいの?

八月八日に天皇陛下がビデオメッセージで御言葉を発せられました。これを受けて政府は、皇室制度全般を議論せずに譲位に焦点を絞り、特措法(特別措置法)で譲位への道を開く方針です。この御言葉の骨子は次の部分に現われていると思います。「既に八...

結局、安保法制は合憲なの?違憲なの?

去年の安保法案の審議のときは、国会周辺に何万人もの人が集結し「憲法違反」の掛け声が響きました。憲法違反かどうかの問題は結局どうなったのでしょう。私は七月十日に行なわれた参議院議員選挙で、安保法制の問題は着地したと見ています。そもそも...